【仮想通貨】10日間短期トレードをして学んだこと

こんにちは、lainです。

今回は、10日間短期トレードをしての感想、反省点、それらを踏まえて学んだことなどを簡潔にまとめてみようと思います。現に損しまくってる人が書いてるものなので多分間違ったことも結構書いてますxD 説得力ないしあんまり参考にせず、そういう考え方もあるんだぐらいの気持ちで読んで頂ければと思います。

感想

まず、とても体力を消耗します。体力というか精神ですね。最初の数日は本当にずっとチャートに張り付いていました。短期トレードに1日の殆どの時間を割いて結局マイナスだと本当に萎えます。まともにプラスになったのは初日ぐらいなんで、それ以降は消耗しまくりです…。それとまだ始めて10日なので分からないですが、やはりそんなに簡単に儲かるものではないという感想です。ただ、詳しくは後述しますがちゃんと勉強といいますか努力をすれば結果はついてくるものだとも思いました。

反省点

ざっと今までの記事を見返して、やはり高値掴みが多いような気がします。底値付近で買って、その直後に下がってしまってもいずれ上がるだろうという期待を持てます。しかし、無理にイナゴして高値掴みしてしまうとその期待すら持てないのでどのタイミングで損切りをするか、という最悪な状況に陥ってしまいます。なので、とにかく高値掴みしないということが一番の反省点です。

学んだこと

1.  損切りラインを5%で設定!

これ、結構重要だと思いました。今現在そうですが、含み損が15%とかにまで膨らんでしまうと売るにも売れないんですよね。売れない間他に良さげな通貨があってもエントリーできないという自体に陥ってしまいます。このような機会損失をしてしまわないように、損切りラインを設定するべきだと思いました。また、5%程度なら失っても他の機会で稼げるチャンスは十分あるので、5%が妥当だと思いました。

2. エントリー額は総資産の3分の1!

現在含み損を抱えているIOPがまさにそうなんですが、全部エントリーしてしまうと他の通貨でいいのがあってもそっちにいけなくなってしまいます。また、エントリー額を小さくすることでローリスクローリターンを狙え、期待値により近づけることができるのでギャンブル的な要素を可能な限り省くことができると思いました。

3. イナゴは計画的に!

イナゴして理由もわからずに飛び乗るのではなく、チャートを見て自分でこういう根拠があるから伸びるというのをしっかり確認してからイナゴするべきだと思いました。結局よくわからずにイナゴしても、直後に下がってしまうと不安になって狼狽売りしてしまったりとかあります。ただ、根拠を持ってイナゴすることでもし直後に下がってももう少しで上がるという自信を持てるし、どのタイミングで利確したらいいのかもなんとなく分かるような気がします(気がするだけ)。僕自身イナゴしてあまりいい思いをしたことがないので、やはり自分で判断してエントリーするのが一番だと思います。

4. リアルを疎かにしない!

これ、本当に深刻な問題ですw いつどこにいてもチャートに張り付いてしまうので、時間を決めてやったり学校があってチャートが見れない時などは事前に損切りラインを設定して売り注文を出すべきだと思いました。

最後に

以上が10日間短期トレードを行っての感想になります。完全に自己流といいますか、自分が思ったことを述べているだけなので正反対の意見をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、とりあえずしばらくはこれらのことを意識してトレードしてみようと思います。また何日か後に考えが変わったらその都度このような記事を投稿していこうと思います。

それではみなさん、Good Luck!

おすすめ取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初心者におすすめの国内取引所です!

ブログランキング参加中

クリックして頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です